メイン画像

伝統×挑戦 それが京都のれんのポリシー

1点ものから心を込めた製品を作ります。

のれん 風呂敷のことなら京都のれん株式会社

撥水のれんとは?

 

 

のれんは外で使用することも多く、さらにはくぐるときに頭が当たったり
手で触って捲ったりと、不特定多数の人が触れる機会がたくさんあるので
汚れが付きやすい物だといえます。


撥水加工を施すことによって、外で使用していた時に雨が降ってきても
びしょ濡れになることがなく、利用する人に水がついたりすることを
防ぐメリットがあります。


水をはじく効果があるので、水と同様にほこりなどの汚れもつきにくく
簡単な拭き掃除などで、きれいにすることも可能です。


汚れがつきにくい


また、通常ののれんの場合は、洗濯をしたり強い日差しを浴び続けてしまうと
色あせてきてしまうのですが、撥水のれんならば色あせを防ぐこともできる
といったメリットがあります。


撥水のれんのデメリットとしては、通常ののれんと比べると加工料金が
プラスされてしまうので、単価が高くなってしまうこと、洗濯をすると
撥水コートがひび割れてしまうことがあるので、能力が失われてしまう
可能性があることです。


ただし、洗濯した時のひび割れは、アイロンをかけることによって
ケアすることもできます。


ケアできる


その他には、注文をしてから完成するまでの時間が通常ののれんと比べると
時間が必要になります。


注文をするときには、時間に余裕をもって申し込むとよいでしょう。
また、のれんの加工には撥水のほかにも防炎などの機能をつけることが
できますが、いろいろな機能を組み合わせるのは難しいというのも
デメリットといえるかもしれません。


撥水のれんを利用することで最初のコストは多少高くなりますが、
長期的に使えること、汚れが付きにくく水をはじいてくれるので
常にきれいな状態を保ちやすいのが特徴です。


お店の名前をアピールするための重要なアイテムだから、
撥水のれんを利用してみてはどうでしょうか。


雨にぬれてもインクが落ちにくく、長持ちするので総合的には
一般的な加工梨の普通ののれんと比べると、コストパフォーマンスが
高いといえるでしょう。


自由に文字なども入れられるので、オリジナルの物を作れます。